北海道JFWちびっこヤマメ釣り体験in旭川市


スポンサーリンク


爆笑釣り部
爆笑釣り部です!はじめまして!

爆笑釣り部おススメ記事
2015年 釣行の記事一覧
2016年 釣行の記事一覧
Myアイテムの記事一覧

親子釣り.jpg

どうも、趣味で釣りブログを書いている
爆笑釣り部のハルです。

今回はわかりましたか?
そう、ワンパンマンです。

知っていますか?



今までにないヒーロー漫画
圧倒的な強さを持った主人公で

世の中の悪い敵を一撃でやっつけてしまう
という内容です。

昔からヒーロー物は色々ありましたが
ここまで強いヒーローはいませんでした

必ずどこかでヤられて強くなるパターンが
王道。
ですが、ワンパンマンは違います。

ダメージすら受けない!

ですが、意外に内容は親近感を抱くセリフや
内容になっているので面白い。

是非、機会がありましたら見てみて下さい
子供も達も喜んで見ますよ。

釣りイベント

北海道も季節は初夏、だんだんと気温も
上がり釣りには楽しい季節です。

海釣りは夏枯れが近づいているのですが
投げ・ロックも好調な釣果が上がって
いるので、まだまだ問題無いでしょう

一方北海道の川は、6月1日にヤマメの解禁が
されたので、各地では待ちに待ったアングラー達が

渓流釣りを楽しんでいることと思います。

そんな中、イベントもどんどん行われてるので
目が離せない所です。

今回、ご紹介するのは北海道の内陸部に位置する
旭川で釣りのイベントがあるので
ご紹介いたします。

主催は日本釣振興会さん

ちびっこヤマメ釣り体験

北海道JFWちびっ子・やまめ釣り体験

●日時:平成28年7月10日

●実施予定場所:石狩川北旭川大橋下流特設会場

●時間:1部PM12:00~1:00
   :2部PM2:00~3:00
   :3部PM4:00~5:00

●参加費:500円(貸道具:釣竿・仕掛け・バケツ・ライフジャケット・エサ・保険)

●持ち物等:魚を持ち帰る場合は小型のクーラーボックスと保冷剤 足元が砂利なので、長靴着用が望ましい

●募集人数:各組親子2人1組100組

●事前申込:不要

●申込方法:1部から3部までの受付を当日AM11:00より釣り場テントにて行います。

●申込先:釣り場テント前

●問い合わせ先:日釣振北海道地区支部 (担当:山田直佳)
TEL 0166-27-1054

公益財団法人 日本釣振興会が主催のイベント
になります。

場所は旭川で時間も1部・2部・3部と
分かれていることから人も沢山集まるようなので、
早目の受け付けをした方が良いかも知れません。

日本釣振興会とは?

●目的
魚族資源の保護培養、釣り場環境の整備保全、
釣りに関する知識の普及、啓発時に必要な事業を
行うことにより、リクリエーションとしての釣りの
健全な振興を図り、もって明るい豊かな社会形成に
寄与することを目的とする。

●日釣振とは
公財)日本釣振興会は
一般の釣り人や釣具店・メーカー
及び釣り関係団体等が
会員になり、会員の会費や寄附で運営され、
“釣りの健全な振興を図る”ための
事業活動を行なっております。
主な事業活動としては
「放流事業」
「水辺環境美化保全事業」
「釣教育・釣振興事業」
「釣りマナーと安全対策の啓発事業」
等です。
※ホームページからの引用です。

素晴らしい活動をしているのですね〜

初めて知りました。
知らないことはまだまだ沢山ありますね。

まとめ

これから釣りを始める方
子供に釣りを体験させたい方

そんな方にはとても良いイベントだと感じます。

釣りは自然相手なのでかならずしも
釣れるものではありません。

常に頭で考え、時には技術も重要な
釣りもあります

しかも、道具を揃えるにはお金が掛かって
しまいます。

いつやめるかわからない物に数千円〜数万円も
掛けるにも多少なり踏ん切りが必要です。

なので、いきなり自然から始める前に
こういったイベント等で釣りを身近に感じ
そして、面白さを知るのもまた1つの手です。

これは個人の感想になりますが

子供達には是非、魚釣りをやってもらいたいと
感じます。

魚釣りをすることで、自然を肌で感じ
魚を釣り上げることで、食育を学ぶ

いろいろな体験をすることができるのが
魚釣りだと思います。

時間に余裕がある方や
近くに住んでる方は

是非、行ってみて下さい。

ではでは、爆笑釣り部のハルでした。
爆笑釣り部おススメ記事
苫小牧 釣り場 情報の記事一覧
爆笑釣り部 番外編の記事一覧
アイアンシェフのお魚レシピby料理長の記事一覧

最後までありがとう〜。
にほんブログ村 釣りブログ 北海道釣行記へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ ロックフィッシングへ
にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック